2015年03月08日

Lenovo ThinkPad X250 米沢生産モデルを購入

Lenovo ThinkPad X250 米沢生産モデルを購入しました。
米沢生産モデルはNECパーソナルコンピューター米沢工場(山形県)での国内生産となるモデルです。
他にはThinkPad X1 Carbonも米沢生産モデルになります。

注意:以下、全ての情報(価格・納期・構成等)は購入日である2015/3/1時点のものとなりますのでご注意下さい。

出荷予定日としては、私の構成の場合は2015/3/1に購入し、出荷予定日が2015/3/19、配達予定日が2015/3/23でした。

販売価格は直販モデルの初期構成パッケージ「【米沢生産モデル】Lenovo ThinkPad X250:SSD搭載バリューパッケージ」(¥146,880)を選択し、構成変更後は¥186,840でした。
そこからクーポン適用し、さらに値下げで購入しました。


今回、購入した構成は以下です。
ポイントとしては、OSをWindows 7 Professional SP1 64bitにしたこと、CPUのグレードを落としてその分をSSD・メモリ・液晶を中心にグレードアップしました。
あとは、有線LANポートがあることです。最近は無い場合も増えてきました。やはり有線があった方が安定した通信が実現できるのであるにこしたことはありません。

「【米沢生産モデル】Lenovo ThinkPad X250:SSD搭載バリューパッケージ」からの構成変更点及びポイントは以下となります。

・プロセッサー:Core i5-5200U(変更なし)
プロセッサー(CPU)は第5世代のCore i5-5200U、Core i5-5300U、Core i7-5600Uと選択できますが、i5-5200Uとi5-5300Uは実質性能差がほとんどなく、モバイル用途でCore i7-5600Uまでの性能は必要としないため、i5-5200Uとしました。
また、第4世代のCore i7-4510Uと第5世代のCore i5-5200Uでは計算性能がそれほど変わりません。Core i5-5200Uはバッテリー性能と3D性能は向上しているため、Core i5-5200Uを選択し、Core i7にしなかった分でSSD・メモリをグレードアップした方がコストパフォーマンスが良いと思います。

・初期導入OS:Windows 8.1 64bit → Windows 7 Professional SP1 64bit (Windows 8.1 Pro 64bit ダウングレード権行使)
 変更価格:+¥6,480
初期導入OSはWindows 8.1 64bitからWindows 7 64bitにしています。
Windows 8.1は評判があまりよくないのと、Windows 7でしか動かないソフトウェア(私的な理由ですが)があるためです。
しかし、Windows 10が出ると1年間は無償でアップグレード可能なので、1年後ぐらいにはそちらに変更する可能性は大です。
デバイスのアップデートとかが面倒ですが。

・ディスプレイ: 12.5型HD液晶 (1366x768 光沢なし)  → 12.5型FHD液晶 (1920x1080 IPS 光沢なし)
 変更価格:+¥19,440
これは完全に好みですがフルハイビジョンのIPSがいいなと思ったからです。映画とかもフルハイビジョンで見れます。
タッチ機能は不要だったのでこれ以上のアップグレードはしませんでした。(PCの液晶を手で触るのは好きではないので。)

・メモリー: 4GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)  → 8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
 変更価格:+¥8,640
メモリは8GB PC3-12800 DDR3Lにアップしました。
最近のソフトウェアはCPUよりもメモリを多く使用する傾向にあるのでメモリは8GBぐらいがちょうどいいです。
ただし、Windows 7なら64bitを選択しないと8GBをフルに使用できないので気をつけて下さい。

・ハード・ディスク・ドライブ:256GB ソリッド・ステート・ドライブ (OPAL2.0対応) (変更なし)
SSD搭載バリューパッケージなので初期から256GB SSDですが、ハード・ディスク・ドライブはHDDではなくSSDにするつもりでした。。
これはアクセス速度、重量、静音性の観点からHDではなく、SSDにしました。SSDにするとOSの起動時間は数秒〜十数秒程度に短縮されます。
容量は128GBではモバイル用途としては少しこころもとないので256GBで。
ちなみに自宅にはデータは全てNASに保存するようにしているのでメインのデスクトップは128GBです。これでも使用率は70%近くになっています。

・カード・スロット:スマート・カード・リーダーなし → スマート・カード・リーダー
 変更価格:+¥2,160
カード・スロットは標準だとなしですが、SDカードを読み込めた方が便利ですので、ありにしました。
カードリーダー持ち歩くのも、SDカードを使うためにUSBポートつぶすのも好きではないので。

※2015/3/22追記※
SDカードを使用するためにはスマート・カード・リーダーが必要だと記載しましたが、これは間違いでした。
サイト閲覧者にご指摘いただきました。ご指摘ありがとうございます。
SDカードは4 in 1メディアカードリーダーであり、標準搭載なのでSDカードを使用したい方はスマート・カード・リーダーを選択する必要はありません。
また、2015/3/22時点ではスマート・カード・リーダーは在庫切れのため選択不可となっております。


・ワイヤレスLAN アダプター: インテル Wireless-N 7265 + Bluetooth 4.0 → インテル Dual Band Wireless-AC 7265 + Bluetooth 4.0
 変更価格:+¥3,240
ワイヤレスLAN アダプターは今後の無線時代を見据えて、インテル Dual Band Wireless-AC 7265にしました。
これにすることで、従来の 802.11n Wi-Fiに比べて3倍高速な802.11ac WiFi(最大 867Mbps)によって、ダウンロード時間は短縮され、より少ない待ち時間で、高品質なビデオ配信、ゲーム、音楽などが楽しめます。
これで高速通信環境に対応できますし、ダイレクトなコストアップにはならないので変更しました。


<最終構成> ¥186,840
プロセッサー インテル Core i5-5200U プロセッサー (2.20GHz, 3MB)
初期導入OS Windows 7 Professional SP1 64bit (Windows 8.1 Pro 64bit ダウングレード権行使)
導入OS言語 Windows 7 Professional SP1 64bit (Windows 8.1 Pro 64bit ダウングレード権行使) - 日本語版
リカバリーメディア リカバリー・メディア用クーポン
ディスプレイ 12.5型FHD液晶 (1920x1080 IPS 光沢なし)
メモリー 8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 5500
セキュリティーチップ セキュリティー・チップ(TPM)あり
キーボード 日本語キーボード
指紋センサー 指紋センサーなし
ハード・ディスク・ドライブ 256GB ソリッド・ステート・ドライブ (OPAL2.0対応)
カード・スロット スマート・カード・リーダー
リア・バッテリー 3セル リチウム・ポリマー バッテリー (23.2Whr)
電源アダプター 45W ACアダプター
ワイヤレスLAN アダプター インテル Dual Band Wireless-AC 7265 + Bluetooth 4.0
付属品言語 日本語
Packaging スタンダード・パッケージ
標準保証 1年間 引き取り修理


私は運よく20%OFFクポーンが表示されていたのでお得に購入することができました。
Lenovo ThinkPad X250 米沢生産モデルのクポーンはよく切り替わるようですのでお得クーポンを狙いたい人は定期的にチェックしてみるといいかもしれません。

posted by ichiyu at 06:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月11日

我が家は東京西川のマットレス[エアー]

我が家は夫婦共に東京西川のマットレス[エアー]を使用しています。

結婚当初は和室に布団を引いて寝ていましたが、引越ししてからフローリングに布団という構成になりました。
そこで気付いたのがフローリングに布団では背中が痛いということ。

そこで快適な眠り手に入れるため、いくつかのマットレスを比較し、東京西川のマットレス[エアー]にしました。
決め手になったのは西川であることと、Webページにも掲載されていますが、以下の謳い文句です。
”「体圧分散」「寝姿勢保持」「吸透湿性」「放湿性」「保湿性」などの機能を高めることで、あなたを快適な眠りへ導きます。”

エアウィーヴとか、マニフレックスとか、ドルメオとか、雲のやすらぎとかも迷いましたけど、安い買い物ではないので西川という安心のブランドを選択しました。
リスクヘッジですね。


肝心なのはフローリングの上にエアーだけでどうかということです。
いざ買って寝てみるとフローリングの硬さは全然感じず、背中が痛いということも無くなりました。

しかし、放湿により、フローリングが湿っているのに気付きました。
これに対しては西川リビングの調湿シート(からっと寝 シリカゲル入り)を購入してみました。
エアーの下に調湿シートを引くだけでフローリングの湿りは無くなりました。
これでフローリングがカビることもないでしょう。

エアーはテープでくるっと巻いて簡単に立てられるので引きっぱなしではありません。
ついでに調湿シートもくるっと巻いて立てて部屋は除湿機をかけるようにしています。
また、エアーは天日干しすると素材が痛むらしく立てておくだけで良いとのこと。これは楽チンですね。
日に当てたいなと思ったときは窓際に置いて間接的に当ててます。

↓ この記事が旅行の参考になった方はクリックお願いします。 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
2015年01月11日

星野リゾート青森屋にいってきた。(馬車編)

星野リゾート青森屋には雪の上をストーブ馬車に乗ってゆったりと闊歩する、南部の馬の一馬力というサービスがあります。
確か事前に電話予約したかと思います。(もしかするとツアー会社経由で依頼したかも。)

DSCN1729.jpg

だいたい15〜30分ぐらいだったかと思いますが、外は0度くらいなのに馬車内は30度。
すごい暑い。動くとすぐに窓を開けてくれるので車内は快適になります。

スタッフさんの面白くも興味を引くお話を聞きながら、用意された甘酒、ほうじ茶、するめを食しながら癒されます。

そしてこれがWebページにも載っている馬車から撮った風景。
事前に確認していなかったのでアングルは違いますが。
DSCN1744.jpg

みなさんもぜひ、予約して体験して下さい。
DSCN1755.jpg


1.星野リゾート青森屋にいってきた。(移動&フロント周辺編)
2.星野リゾート青森屋にいってきた。(館内施設編)
3.星野リゾート青森屋にいってきた。(お部屋編)
4.星野リゾート青森屋にいってきた。(お食事処編)
5.星野リゾート青森屋にいってきた。(馬車編)


↓ この記事が旅行の参考になった方はクリックお願いします。 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
posted by ichiyu at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月11日

星野リゾート青森屋にいってきた。(お食事処編)

星野リゾート青森屋のお食事処は3つ。
みちのく祭りや、のれそれ食堂、食事処もつけんど、です。

1日目の夜にみちのく祭りや、2日目の朝夜と3日目の朝にのれそれ食堂(バイキング)、2日目の昼に食事処もつけんど、と全て制覇しました。
ちなみに夜にのれそれ食堂は朝と夜で同じバイキングですがメニューは変わりますので飽きはないでしょう。
ただし、2,3日目の朝はおそらく同じメニューでした。
正月期間ということもあり、御節料理があったのは嬉しかったです。


みちのく祭りやを予約した方は指定の時間にじゃわめぐ広場に集まり、声がかかったら会場に入場という流れです。
並んで待つというよりは広場で待つという感じなので、早く入りたい人は入り口付近の椅子に腰掛けた方が良いかと思います。早く入っても料理が出る順番はさほど変わりませんが。

会場はこんな雰囲気で、ボックス席もしくは写真に写っているテーブルになります。
DSCN1569.jpg

ボックス席はゆったりと見れますが、前の方だと角度が鋭角なので舞台の全てが見えません。(後ろだと遠くて見えない。)
テーブル席の前のほうなら全体的に見渡せると思います。
私はボックス席に案内されました。ただ、席指定は特にしなかったのでできるかは不明です。
DSCN1591.jpg

ちなみにお料理は量が多くて満腹でした。
メニューが同じかはわかりませんが、少食で最後まで楽しみたい人はすき焼き風の鍋が出たら少しにしておいた方がいいかと思います。あくまで主観ですが。
私は脂が多くもたれてしまいました。


1.星野リゾート青森屋にいってきた。(移動&フロント周辺編)
2.星野リゾート青森屋にいってきた。(館内施設編)
3.星野リゾート青森屋にいってきた。(お部屋編)
4.星野リゾート青森屋にいってきた。(お食事処編)
5.星野リゾート青森屋にいってきた。(馬車編)


↓ この記事が旅行の参考になった方はクリックお願いします。 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
posted by ichiyu at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月11日

星野リゾート青森屋にいってきた。(お部屋編)

今回は星野リゾート青森屋の「あずまし」に宿泊しました。
宿泊棟は本館、東館、西館とあり、西館を割り当てられていました。
星野リゾート青森屋のWebページに掲載されているのは本館の「あずまし」でしょうか。
私が宿泊した部屋とは設備は同様だと思われますが、配置と広さが違います。

ベッドは畳から1段上がったフローリングに配置されています。
ベッド(というかマットレス)は簡単に動かせるのでお子様連れの私はベッド連結、お子様は真ん中やや私よりにして、ベッドから落ちないようにしました。
空気清浄機(加湿機能付)が最初から設置してあったのでGOODでした。
DSCN1563.jpg

やっこ椅子と呼ばれる青森屋オリジナルのソファです。
座り心地はなかなか。
私はいつもはあまりテレビは見ないのですが、お正月で箱根駅伝を見ていたのですがソファからテレビが遠く見辛かったのが残念ポイントでした。
DSCN1547.jpg

全て無料だそうです。
この下には冷蔵庫が設置されていますが、ポットにお水が入っていました。
DSCN1564.jpg


1.星野リゾート青森屋にいってきた。(移動&フロント周辺編)
2.星野リゾート青森屋にいってきた。(館内施設編)
3.星野リゾート青森屋にいってきた。(お部屋編)
4.星野リゾート青森屋にいってきた。(お食事処編)
5.星野リゾート青森屋にいってきた。(馬車編)


↓ この記事が旅行の参考になった方はクリックお願いします。 ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
posted by ichiyu at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。